探偵業法とは

シェアする

探偵業法とは正しく表すと「探偵業の業務の適正化に関する法律」です。

探偵業法では「探偵」は以下の様に定義されています。

探偵(たんてい)とは、他人の秘密をひそかに調査する行為である。現在の一般的な探偵は人(法人又は個人)からの依頼を受けて面接による聞込み、尾行、張込み、その他これらに類する方法により、特定人の所在又は行動についての情報を収集し、その結果を依頼者に報告する。

日本で探偵業を営むには探偵業法によって、営業所の所在地を管轄する警察署を通じて公安委員会への届出が必要となっています。届出をした探偵業者には公安委員会により、「探偵業届出番号」が割り振られます。この届出番号が無い探偵業者はいわゆる「モグリ」で違法行為となります。依頼をお考えになり、探偵業者を選ぶ際には必ず「探偵業届出番号」を確認しましょう。

探偵業法

浮気調査人探しなどは千葉県公安委員会に登録済みの総合探偵社ガルエージェンシー千葉駅前にお任せ下さい!