「交際中に相手が既婚者だとわかっても交際を続けた場合、不貞行為となるのでしょうか?」弁護士に聞いた⑦

シェアする

「出会った時に独身と言われ交際を始めましたが、それとなく結婚したいことを伝えると既婚者だと言ってきました。嘘をつかれていたことはショックでしたが、好きであることは変わりありません。でも、この場合に私は浮気相手ということになって不貞行為などで慰謝料請求などされるのでしょうか?」

交際途中で相手が既婚者だとわかった場合、交際を続ければ不貞行為となるのでしょうか?弁護士に聞いてみました。

不貞行為

「この場合に過去の判例を確認すると、交際に違法性が無いかどうか確認をしている段階で、交際に関して法的な問題がある可能性を認識していたとも言えます。

また、既婚者と判明した後にも交際を継続したとすれば不貞行為に該当せず、違法性が無いと判断するのは困難で免責されるものではありません。

結論として、相手が既婚者だと判明した以降に交際を続けた点は不貞行為と認められ不法行為となります。ただし、相手方の婚姻関係が確実に破綻している場合には不貞行為にはあたらない場合もあります。余談ですが婚姻関係の破綻を判断することは容易ではありませんので『妻(夫)とは破綻していて、離婚協議中』などという言葉は安易に信用しない方が良いでしょう。」

本当に既婚者だと知らなかったとしても交際を続けていけばある程度は気付くもの。別れたくないからといって重要な事を確認せずに交際したり、もうすぐ離婚するといった相手の一方的な言い分を鵜呑みにするのは避けたほうが良いでしょう。相手が既婚者かどうか聞いても言わない・調べる方法が無いという場合には探偵による調査をお勧めします。

交際相手の信用調査はガルエージェンシー千葉駅前へ