「離婚するつもりはありませんが、夫の浮気相手に慰謝料請求は可能ですか?」弁護士に聞いた⑯

「数カ月前から夫の行動が明らかに怪しかったので、探偵さんに依頼して浮気調査をしてもらいました。想像通り毎日のように浮気相手の女性の家に入り浸っていたのですんなりと証拠も取れて女性の素姓もわかりました。まだ子どもが小さいので今は離婚せず、今の内から仕事を探し子どもが大きくなったら離婚をしようと考えています。ただ、相手の女性にはなんらかの責任を償って貰いたいのですが、離婚しなくても浮気相手に慰謝料の請求は出来ますか?」

子どもの事を考えて、すぐには離婚を選択しないという方が少なくありませんが、その様な場合でも浮気相手や配偶者に慰謝料請求は可能なのでしょうか?弁護士に聞いて見ました。

離婚せず慰謝料請求

『離婚せずに慰謝料請求する場合について』弁護士に聞いてみました。

「もちろん法的には可能です。順を追って説明すると『離婚せず夫に慰謝料請求』する場合、いわば夫婦共有のお財布から慰謝料を出すようなものですから、あまり意味がありません。それよりも夫婦間での罰則などを設ける事もあるようです。例えば収入の管理は今後全て妻が行うといった約束事や次に浮気をしたら必ず離婚をして親権放棄と数百万円の慰謝料を支払うといった誓約書を書かせる場合もあります。

『離婚せずに夫の浮気相手に慰謝料請求』する場合も請求可能ですが、結果として離婚に至っていないため、減額要素になりますので数十万~200万円がおおよその相場となります。ただし故意や過失、反省や謝罪などによっても金額が変わって来ますが、慰謝料請求の訴訟を起こしても判決の前に相手側から現金での和解案が出て、それを受け取り和解するケースの方が多いようです。」

『夫が浮気相手に代わって支払う場合も』

夫側が浮気相手の慰謝料を肩代わりするケースもありますし浮気相手が既婚者で、いわゆるW不倫になってしまうケースもありますので離婚をするかしないかは慰謝料の金額よりも慎重に考えたほうが良いでしょう。

慰謝料請求の証拠収集はガルエージェンシー千葉駅前にお任せ下さい!