弁護士に聞いた㉜「婚活サイトで知り合った女性に騙されているかもしれません・・・」

「婚活サイトで知り合った女性と半年ほど交際をしていますが、彼女の知人で投資コンサルタントがいて、投資用マンション購入を勧められ、現在購入手続きを進めています。結婚後に2人で運用したい・税金対策や年金代わりになる、と言われて購入を決めたのですが、ここ最近彼女が仕事が忙しくなったと会えない状態が続いています。もしかしたら騙されているのかもと思うようになりました・・・どう対応したら良いでしょうか?」

婚活サイトや街コンなどに参加をして詐欺の被害に遭ったというケースも増えているようですが、このようなケースはどう対応したら良いのでしょうか?

結婚詐欺

『交際相手が結婚詐欺師かも知れない場合の対応』を弁護士に聞いてみました。

「今回のケースに限って言うと現状では実被害が出ていない状態ですので、警察への被害届の提出もしくは相談という対応は無意味ですので除外して良いと考えます。

仮に不動産の購入後に交際相手が音信不通となった場合でも警察が被害届を受理するかどうかに関しては、詐欺行為を立件することの難しさを鑑みると明言できません。

現状の対応としては結婚を前提とした交際だからといって高額な契約に関しては避けるべきです。もしも詐欺だった場合はクーリングオフが適用できない状況にされるなどの恐れがありますので十分に注意が必要です。

もしもこのまま音信不通となるようでしたら、何らかの法的手段を講じることもやぶさかではありませんが、相手方の氏名や住所などがデタラメという場合もありますので、調査会社を利用して確認をしておいても良いと思います。

余談ですが「国民生活センター」にはこのケースに類似したトラブルが紹介されておりますので、一読しておいたほうが良いでしょう。

【婚活サイトなどで知り合った相手から勧誘される投資用マンション販売に注意!!-ハンコを押す相手は信ジラレマスカ?】」

交際相手の素性が怪しい時はガルエージェンシー千葉駅前にご相談下さい!